loading

心豊かになる旅・ワクワクドキドキの旅しませんか?

ニッポン旅マガジン

霧降宮切久保諏訪神社

岩岳スキー場近くにある諏訪神社/きりふりのみやきりくぼすわじんじゃあ
開催場所:
霧降宮切久保諏訪神社
399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城切久保大林12327
駐車場:
2台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
境内自由
白馬には霜降宮(細野諏訪神社)、雨降宮(嶺方諏訪神社)、そして霧降宮切久保諏訪神社と、霜降、雨降、霧降という3社の諏訪神社がある。岩岳スキー場の横に建つのが切久保地区の霧降宮切久保諏訪神社。江戸時代には松本藩四大社に選定され藩主の崇敬社として篤く庇護されていた。本殿は1658(明暦4)年の築で白馬村の文化財に指定されている。毎年9月の敬老の日にあわせて行われる例祭『七道祭』(尾花祭)は、7つの面をつけた七道が、参道を祓い清めながら進むことで知られている。往時には七道が被る7つの木面があったが現在は神面、獅子面、猿田彦面のみが残されている。【寺社】【パワースポット】

ページトップへ