loading

心豊かになる旅・ワクワクドキドキの旅しませんか?

ニッポン旅マガジン

観音原石仏群(観音原百体観音)

岩岳スキー場近くにある石仏公苑/かんのんばらせきぶつぐんかんのんばらひゃくたいかんのん
開催場所:
観音原石仏群(観音原百体観音)
399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城
駐車場:
10台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
上信越自動車道長野ICから約47.9km(1時間30分)
岩岳スキー場下の切久保旅館街を通る千国街道(塩の道)。その南側、新田民宿街への途中に位置するのが観音原。芝地となった方形の石仏公苑の北側には板東三十三番、西側に西国三十三番、南側に秩父三十四番の百体があるので「観音原百体観音」と通称されているが、馬頭観音なども含めると187体の石仏が安置されている。江戸時代末期、文化年間に高遠の石工が刻んだもの。佐野坂西国三十三番観音、前山百体観音と同じで、風雪の厳しい季節には行き倒れになる旅人も多く、街道の難所には道中安全を祈願する石仏が祀られた。【街道】
ページトップへ