loading

心豊かになる旅・ワクワクドキドキの旅しませんか?

ニッポン旅マガジン

白馬大雪渓

スケールの大きさに感動の大雪渓/はくばだいせっけい
開催場所:
白馬大雪渓
399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城
駐車場:
100台(猿倉駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
長野自動車道安曇野ICから県道310号を5km走った柏矢町交差点から国道147号・国道148号を48kmの白馬町を左折、県道322号を10kmで猿倉。白馬まではオリンピック道路経由も可
アクセス(電車):
JR白馬駅から松本電鉄バス猿倉行きで27分、終点下車、徒歩1時間で白馬尻
FAX:
--
針ノ木大雪渓、剣沢大雪渓と並び、「日本三大雪渓」のひとつ。大雪渓の入口までなら、夏山シーズンに限ればスニーカーでもOKだ。猿倉から大雪渓下端の白馬尻までが白馬大雪渓遊歩道で、徒歩1時間15分と手頃(大雪渓ケルンまではさらに徒歩15分)。猿倉荘横の白馬岳登山口からスタートし、ブナ、トチなどの原生林を抜けた先に、ゆるい登りが続く。途中に木橋があり、その先からは細い急な山道だが、あたりには高山植物が多い。山道を登りきると、幅100m、長さ3.5kmの大雪渓に到達だ。車道終点が標高1230m、白馬尻が1550mなので標高差は300mほど。途中までは砂防工事用の林道を歩くので、実際の登山道は600mほど。白馬尻には山小屋「白馬尻小屋」も営業(7月中旬~10月上旬)し、うどんやカレーなども味わえる。白馬尻小屋のすぐ近くにあるキヌガサソウ群落は有名な写真スポットになっている。車道終点の猿倉には白馬村村営の猿倉荘もあるが施設は山小屋。 【ハイキング・トレッキング】【日本三大】【自然観察】【氷河地形】
ページトップへ