loading

心豊かになる旅・ワクワクドキドキの旅しませんか?

ニッポン旅マガジン

居谷里湿原

貴重な低層湿原/いやりしつげん
開催場所:
居谷里湿原
398-0001 長野県大町市平
駐車場:
20台(湿原入口駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
長野自動車道安曇野ICから約34.2km(58分)
アクセス(電車):
JR大糸線稲尾駅から徒歩25分
木崎湖の東、標高830mに位置する幅130m、長さ1.5kmの低層湿原。日本最小のトンボ、ハッチョウトンボやモリアオガエルなど貴重な生物も棲息。春のザゼンソウ、リュウキンカ、ミズバショウ、ミツガシワ、6月のカキツバタ、ショウブ、アヤメ、夏から秋のモウセンゴケ、ミミカキグサなどお花見も楽しめる。カエデの仲間の「ハナノキ」(ハナカエデ)は、長野県と岐阜県の県境にある恵那山を中心とする半径50kmの範囲にしか生育しないが、居谷里湿原(南湿原西側)には45本ほどが自生し、北限となっている。居谷里湿原は、江戸時代から水源地として保護され、戦中、戦後の食料増産の折には、水田としても活用された。しかし、ハナノキは伐採されることなく奇跡的に生き残ってきた。また湿原からは晴れていれば双耳峰の鹿島槍ヶ岳を眺望する。湿原を周遊する探勝路も設けられている。長野県天然記念物。大糸線稲尾駅前を起点とする長野県道393号小島信濃木崎停車場線からのアプローチを。【秘境】
ページトップへ