loading

心豊かになる旅・ワクワクドキドキの旅しませんか?

ニッポン旅マガジン

安曇野ちひろ美術館

いわさきちひろの全体像がわかる/あづみのちひろびじゅつかん
開催場所:
安曇野ちひろ美術館
399-8501 長野県北安曇郡松川村西原
駐車場:
200台(第1・第2駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
長野自動車道安曇野ICから県道310号を5km走った柏矢町交差点から国道147号を大町方面に11km走った大門交差点を左折、1km先の松川神社前を右折、すぐ
アクセス(電車):
JR信濃松川駅からタクシーで3分
営業時間:
9:00~17:00(GW・お盆期間は18:00まで)
休業日:
3月~11月開館、期間中は第2・4水曜(祝日の場合は翌日)休、GW・8月は無休、展示替えのための臨時休あり
料金:
大人800円、高校生以下無料
TEL:
0261-62-0772
FAX:
--
詳細情報:
http://www.chihiro.jp/
美術館のある松川村は、いわさきちひろの両親が第二次世界大戦後に開拓農民として暮らした村。北アルプス・後立山連峰を望む一帯は3万5000平方メートルの安曇野ちひろ公園として整備され、のんびりとくつろぐことができる。美術館では絵本画家・いわさきちひろの原画や、センダック、カールなど、現代の代表的な絵本作家18ヶ国、100人以上の作品を展示。メインは、なんといってもいわさきちひろの作品。彼女の画業の全体像を、水彩画、初期の素描、絵本などの原画を、年4回ほど展示替えを行ないながら紹介している。展示室は代表作や絵本の原画、初期童画、油彩などを展示する「ちひろの仕事」、ゆかりの品々、素描やスケッチなどを展示する「ちひろの人生」、世界各国の代表的な絵本画家の作品を展示する「世界の絵本画家」の3つのコーナーに分かれている。人気の「絵本カフェ」やミュージアムショップ、絵本を読んだり、木や布のおもちゃで遊んだりできる「子どもの部屋」、国内外の絵本約3000冊を揃えた「絵本の部屋」もあり、ファミリーでも1日のんびりくつろぐことができる。「絵本カフェ」では「ちひろが愛した いちごのババロア」をぜひ。新宿すずやの味をそのままに再現したものだ。現在はとんかつ茶漬けで有名になったすずやグループだが、いわさきちひろが通った時代には「民芸茶房すゞや」だったのだ。【ミュージアム】
ページトップへ