loading

心豊かになる旅・ワクワクドキドキの旅しませんか?

ニッポン旅マガジン

眺望の郷

白馬連峰を一望する小谷村の農村公園/ちょうぼうのさと
開催場所:
眺望の郷
399-9421 長野県北安曇郡小谷村中小谷丙池の平
駐車場:
5台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
上信越自動車道長野ICから約60.9km(2時間24分)。長野自動車道安曇野ICから約67.3km(2時間35分)。または、北陸自動車道糸魚川ICから約38.4km(1時間38分)
営業時間:
入園自由
休業日:
4月下旬~11月上旬開園
国道148号の南小谷駅の北で、国道を離れ宮本橋で姫川を渡り、対岸の東山側をくねくねと登った高台に造られた農村公園。宮本橋を渡った先で左折、宮本集落で右折して細い山道を登っていくと池の平、大久保を経て眺望の郷へと舗装道路(道は細いので対向車に注意/地震や荒天の後は道路状況を小谷村に確認の上、入山を)が続いている。かつては村の入会地で茅葺き屋根の茅を採る茅場(かやば)だった地だ。東屋、バーベキュー場、トイレ、遊歩道が整備されているが、その名の通り、小谷村役場周辺を眼下に、白馬連峰を仰ぐ絶景の地。爺ヶ岳から白馬乗鞍岳まで白馬連峰を一望にするほか、正面に日本三大崩れの一つ「稗田山崩れ」の崩壊跡を望むことができる。フジバカマが8月下旬~10月中旬に開花し、アサギマダラが9月上旬~10月上旬に飛来する。【絶景】【秘境】
ページトップへ