loading

心豊かになる旅・ワクワクドキドキの旅しませんか?

ニッポン旅マガジン

栂池自然園

高山植物が咲き誇る日本有数の高層湿原/つがいけしぜんえん
開催場所:
栂池自然園
399-9422 長野県北安曇郡小谷村千国乙
駐車場:
400台(栂池中央駐車場)
駐車場料金:
1回500円/第一駐車場・第二駐車場(無
駐車場マップ:
アクセス(車):
長野自動車道安曇野ICから県道310号を5km走った柏矢町交差点から国道147号・国道148号を50kmの岩岳入口を左折、県道433号(千国街道)を5km。白馬まではオリンピック道路経由も可
アクセス(電車):
JR白馬駅から松本電鉄バス栂池高原行きで23分、終点下車。栂池高原駅から栂池パノラマウエイのゴンドラリフト、ロープウェイで自然園駅へ
営業時間:
8:00~16:40(土・日曜、祝日、夏季は延長あり)
休業日:
5月中旬~11月上旬開園、期間中は無休
料金:
大人300円、小人250円、栂池栂池パノラマウェイ(ゴンドラとロープウェイ)往復は大人3600円、小人2050円
TEL:
0261-82-3053
詳細情報:
http://sizenen.otarimura.com/index.html
ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継ぐ栂池(つがいけ)パノラマウェイで標高1829mの自然園駅に降りると、栂池自然園。白馬乗鞍岳の東南山腹の一角にあり、標高1900m~2020m、広さは100haという広大な自然の庭園。6月中旬~8月にかけては、水芭蕉をきっかけに、ニッコウキスゲ、チングルマ、ヒオウギアヤメ、ワタスゲなど、高山植物が花咲く雲上の楽園となる。とくに水芭蕉の群落の開花(6月中旬~7月上旬)と秋の紅葉(草紅葉=9月~9月下旬、紅葉=10月初旬~10月中旬)は多くのカメラマンの被写体になっている。栂池自然園がオープンする6月初旬頃はまだ1mほどの積雪があり、雪の間から水芭蕉が開花する。園内は一周5.5km、徒歩3時間30分の遊歩道もある。入口近くのみずばしょう湿原はバリアフリー。さらに奥にわたすげ湿原、浮島湿原があり、ヤセ尾根を経て白馬大雪渓を眺望する展望湿原へと至る。みずばしょう湿原は往復1時間。最奥の展望湿原まですべてを踏破すると3時間30分はみておきたい。とくに残雪期や荒天時には足回りや雨具などの装備はしっかりと。登山道を歩くと肝に銘じて散策したい。【自然観察】【湿原】【ハイキング・トレッキング】
ページトップへ